タルタニが見つめている「トータルパッケージング」―無限に広がる包装の可能性を求めて―


樽谷包装産業株式会社

会社案内
トップページ > 会社案内 > 沿革

グループ沿革

1909年(明治42)4月初代樽谷為三郎が尼崎製凾合名会社を創立し包装木箱の製造業を開始
1922年(大正11)7月紙箱製造業を開設
1927年(昭和 2)4月事業拡張のため尼崎市西向島町に工場を移転
1929年(昭和 4)3月兵庫県高砂市荒井町・キッコーマン株式会社内に荒井工場を新設し、製箱作業を開始
1930年(昭和 5)5月セメント紙袋の特許取得権獲得、その製造を開始
1932年(昭和 7)9月尼崎工場に製材工場を設け、製材製箱の一貫作業を開始
1937年(昭和12)1月兵庫県氷上郡山南町谷川に谷川工場を新設し山林事業、製材、製箱の一貫作業を開始
1942年(昭和17)9月兵庫県氷上郡春日町黒井に黒井工場を新設し山林事業、製材、製箱業の一貫作業を開始
1945年(昭和20)9月谷川工場に製袋部門を新設
1949年(昭和24)7月東京都中央区京橋に東京事務所を新設
1953年(昭和28)8月尼崎工場内に段ボール工場を新設
1957年(昭和32)12月滋賀県坂田郡伊吹町に伊吹工場を新設し、製袋事業を開始
1963年(昭和38)11月株式会社樽谷商店を樽谷包装産業株式会社と改称
1967年(昭和42)3月愛知県知多郡武豊町に名古屋営業所を新設
1970年(昭和45)2月兵庫県加古川市平荘町に加古川工場を新設し段ボール事業を開始
 2月兵庫県高砂市旭硝子株式会社高砂工場内に高砂出張所を新設し、包装作業を開始
1972年(昭和47)11月尼崎工場内に紙管部門を新設
1974年(昭和49)10月伊吹工場に紙管部門を新設
1981年(昭和56)4月茨城県鹿島郡波崎町に鹿島工場を新設し、紙袋、パレット、合紙の製造開始
 10月黒井工場にてワンウェイコンテナーバックの製造を開始
1982年(昭和57)12月東京事務所を東京支店に昇格
1985年(昭和60)9月Fコンテナの海外調達開始
1992年(平成 4)1月尼崎工場内に大阪支店を新設する
 10月大阪市北区堂島浜2丁目に大阪支店を移転する
 10月尼崎工場内にて機能性段ボール箱(セパフレッシュ)生産開始
1994年(平成 6)3月尼崎工場内にて段ボールパレット(らくだ)生産開始
1996年(平成 8)4月P.T.HWI(インドネシア)にてクラフト紙袋生産開始
1998年(平成10)4月本社・尼崎工場ISO9002認証取得する
 10月鹿島工場・営業所の事業を東京支店へ集約する
2000年(平成12)4月製袋事業の生産拠点を伊吹工場に集約する
2007年(平成19)1月段ボール部門を分社し、タルタニパック株式会社を設立する
2008年(平成20)10月名古屋営業所を伊吹工場内へ移転、名称を中部営業所とする
2011年(平成23)3月本社及びパレット工場、尼崎デポを移転する
 4月タルタニパック段ボール尼崎工場を加古川工場に統合する
2012年(平成24)12月パレット工場、尼崎デポを魚崎浜に移転し神戸工場、JPR神戸デポと改称する
2013年(平成25)2月本社及び本社営業部門を移転する
2020年(令和2)11月本社を移転する
2021年(令和3)1月タルタニパック株式会社を吸収合併

ページトップへ